> >

> 【星ドラ】デスピサロ(黄金竜イベント)の攻略&立ち回り方法!

【星ドラ】デスピサロ(黄金竜イベント)の攻略&立ち回り方法!(18:00 更新)

1 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 51 vote, average: 5.00 out of 5 5点(1)(5点)
このエントリーをはてなブックマークに追加






星ドラの新規イベントとして、「天空」シリーズに主題を置いたイベントが新規に開催されました。その名も「天駆ける黄金竜」イベント。


そしてそのボスキャラとして抜擢されたのが、「Ⅳ」のラストボスであるデスピサロです。ここでは、黄金竜イベントのボスとして登場したデスピサロの攻略方法をまとめていきたいと思います。







デスピサロ(黄金竜イベント)戦の事前準備



gverdsvgervresd.jpg


デスピサロは1度倒しても変身して戦うことになるので、それぞれの形態に対する対策を持っていく必要があります。
まず、耐性は氷ブレスと炎ブレスは確実に持っていきましょう。


というのも、デスピサロ第2形態のブレスダメージがとても痛いからです。加えて、もし余裕があるのならドルマ属性、痛恨の一撃に対する対策もしておきましょう。

それでもスロットが余ったのなら、チャージタイム減少攻撃に対する対策も用意しておきましょう。


持ち込むスキルとしては、まず第一にジバリア属性の攻撃が考えられます。デスピサロは両形態ともジバリア属性が弱点だからです。

加えて、第2形態は一切「いてつく波動」を使用してこないので、バフスキルを持ち込みましょう。ただし、第2形態にスクルトなどの防御力を上昇させるものは効果が薄いため、スロットに余裕がなければ攻撃力を上昇させるスキルと、フバーハを装備していくといいと思います。


味方1人に「狙いを定めた」と表示が出ますが、防御をしても意味がないので、攻撃をしかけるか、あらかじめ回復をしておくかしましょう。



デスピサロ(黄金竜イベント)戦での攻略方法




第一形態は、特別注意しなければいけないことはありません。スキル攻撃である「魔族王の一撃」はしっかりガードさえしておけば、苦戦することはないと思います。


上述したとおり、「狙いを定めた」とメッセージが出た場合は該当のキャラクターのチャージタイムが減少する攻撃を放ってきます。防御してもあまり意味がないので、そのキャラクターが行動不能になってもいいようにしておきたいところです。


最後のゲージに突入したときの「ジゴスラッシュ」はなかなかダメージが高く、味方全体に攻撃するので、場合によっては受けきれないこともあるでしょう。


ゲージ突入前にしっかりと耐性を建て直しておくことが重要です。留意したい点として、間違っても、ジゴスラッシュのあとに回復をしないようにする、という点があります。というのも、デスピサロ第1形態は最後のゲージに突入した2ターン後に「甘い息」を吐いてくるので、これを受けてしまうと、全滅の恐れがあるからです。しっかりと倒しきりましょう。


第二形態に突入すると、デスピサロは開幕にマホカンタを使います。呪文重視のパーティは威力の高い呪文を唱えようにしましょう。第二形態のデスピサロは、第一形態とは打って変わって、ブレス攻撃を主として使用してきます。


炎氷どちらの息も対策し、それに加えてフバーハを使用すれば、それほど大きなダメージを受けないでしょう。なので、第二形態に突入したらまずはフバーハを2回唱え、耐性を磐石なものにしましょう。


「狙いを定めた」の後の行動も変わり、確率で「抗えぬ力」を使ってくるようになります。この攻撃は味方を行動不能にし、かつ体力を4/1ずつ削ってくる厄介なもので、これを受けてしまった味方には気を配るようにしましょう。


また、3ターンごとに激怒し、攻守ともに上昇、加えて一定ターンごとに「氷炎の息」を使ってくるようになります。この息攻撃は炎と氷どちらの息耐性もあげておかなければダメージを軽減することが出来ず、更には味方全体を燃焼ダメージと氷結状態にする厄介な技です。この技を受けてしまったら、出来るだけはやくパーティを建て直し、攻撃に転じましょう。


ゲージ変化ごとに輝く息を打ってきますが、こちらは氷属性耐性のみで受けきれるのでそれほど怖がる必要はありません。最後のゲージに突入すると、強制的に「激怒」状態に入りますが、パーティの攻撃力が高いのなら、氷炎の息の前に倒しきれるでしょう。


とはいえ、高難易度の場合そうもいかないことも多いので、受けても大丈夫なように対策とフバーハはしっかりとしていきましょう。



原作でのデスピサロの活躍は……?



vgesrdvger.jpg


原作では、「Ⅳ」のラスボスとして登場し、恋人であるロザリーを殺された結果人類に絶望、人間を滅ぼさんと名乗りをあげました。

エスタークを主人公たちに打倒された彼は「進化の秘法」を使い、自らを究極の生命体へと進化、魔族の王として世界を滅ぼそうとしました。

原作では体力を減らせば減らすほど腕や足が千切れていき、エスタークそっくりの姿から星ドラの第二形態になるまでには、段々と「進化」を続けるという変身形態を取り、当時の少年たちを驚かせたものです。



5点(1)
Loading...Loading...

カテゴリ「天を翔ける黄金竜」の最新記事

カテゴリ「攻略」の最新記事

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加