>

> 【星ドラ】キルバーンの服上の評価は?配布なのに高性能防具!

【星ドラ】キルバーンの服上の評価は?配布なのに高性能防具!

2 votes, average: 4.00 out of 52 votes, average: 4.00 out of 52 votes, average: 4.00 out of 52 votes, average: 4.00 out of 52 votes, average: 4.00 out of 5 8点(2)(8点)
このエントリーをはてなブックマークに追加






ダイの大冒険コラボがスタートすると同時に、様々なイベント装備が追加されました。ダイやその仲間たちの服装を防具化したものはもちろん、中には敵キャラクターの装備を防具化したものも。

「キルバーンの服上」はそんな防具のひとつです。ここでは、そのメリット、デメリットをまとめていきましょ。







キルバーンの服上の性能評価



キルバーンの服上のメリット


hosi17121901.jpg


優秀な耐性

キルバーンの服上は、イベント装備にしては優秀な性能を備えています。「ヒャド属性ダメージ軽減(弱)」および「氷ブレスダメージ軽減(弱)」はいずれも汎用性が高いといっていいでしょう。


特に氷ブレスへの耐性は幅広いボスに対して対抗策を練ることが可能で、汎用性の面でも問題ありません。


ヒャド属性のほうはそれほど多くの敵が使ってくるわけではありませんが、氷ブレスとヒャド属性攻撃を同時に使ってくる敵は以外と多く、そういう意味でも、色々な敵に対応できる防具といえるでしょう。

スキル上げにも使いやすい

氷ブレスダメージ軽減(弱)のスキルを持っている防具は結構数が多く、そのおかげでこの防具はスキルあげにも使いやすくなっています。


そういう意味では、これよりも強力な防具をたくさん持っているという人にとってもある程度メリットのある防具と考えることができるでしょう。



キルバーンの服上のデメリット




防御力が低め


キルバーンの鎧上は、少々守備力が低めになっています。一応、イベント装備としては基準値レベルではあるのですが、それでも普段遣い、あるいは物理攻撃の強い敵と戦うときには一声足りない防御力です。


また、鎧上は防御力の要となることの多い部位で、そういう意味でも防御力の低さは大きなデメリットとなりがちです。


耐性が「弱」


イベント装備であることを考えると仕方ない点もありますが、耐性がいずれも「弱」とまりな点もひとつのデメリットです。


本格的に対策するためにはいずれかのスキルを他の部位で補強しなければならないため、防具の選択肢が限られてしまいます。そういう意味でもひとつのデメリットを抱えているといえるでしょう。





キルバーンの服上のスペック



守備力 Lv1 Lv25 Lv50
+- +- +99
装備タイプ よろい上
レア度 星5(☆☆☆☆☆)


メインスキル
スキル ヒャド属性ダメージ軽減・弱
最大レベル 5
効果 ヒャド属性ダメージ15%(20%)減
CT
ランク C
分類 防具スキル


メインスキル
スキル 氷ブレスダメージ軽減・弱
最大レベル 5
効果 氷ブレスダメージ15%減
CT
ランク C
分類 防具スキル


キルバーンの服上の原作での活躍




総じて、スキル上げあるいはガチャ装備があまりない状態で装備する防具として十分に優秀な装備だといえるでしょう。

ヒャド属性と氷ブレスの組み合わせの有用性は登場するボス、あるいは今現在戦おうとしているボスによって大きく異なると思いますが、この組み合わせを一度に使ってくるボスは以外と多いため、そういう意味では広く評価できる防具といえるかもしれません。

8点(2)
Loading...Loading...

カテゴリ「スキル」の最新記事

カテゴリ「よろい上」の最新記事

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加