>

> 【星ドラ】魔剣士の装束上(錬金)の評価・性能!

【星ドラ】魔剣士の装束上(錬金)の評価・性能!

2 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 52 votes, average: 4.50 out of 5 9点(2)(9点)
このエントリーをはてなブックマークに追加






魔剣士ピサロをイメージした防具として登場し、その格好良さと性能から話題にあがることも多かった「魔剣士の装束上」。

星の大武道会のイベントに託けて、他の魔剣士装備と共に錬金バージョンの装備が追加されました。その性能はどうなっているのでしょうか。メリットデメリットにわけて解説していきたいと思います。








魔剣士の装束上(錬金)の性能評価



魔剣士の装束上(錬金)のメリット




攻防に優れた強力なスキルを3つ備えている点。魔剣士の装束上(錬金)の持っているスキルは、どれも強力です。中でも、錬金前から備えていた「あふれる魔力」はとても有能なスキルになっています。

このスキルはターンの開始時に確率でチャージタイムゲージを20%溜めてくれるというスキルです。もちろん、錬金前から強力だったのですが、スキルが追加されたことでより汎用性が増しました。

追加されたスキルは「幻惑カード+(中)」。元々は2つのスキルどちらもが攻撃向けのスキルで、攻撃に特化した性能から耐性のない点、防御力がそれほど高くない点が問題視されがちな防具だったのですが、これが追加されたことで、ある程度耐性防具としての価値が出てきました。

「あふれる魔力」によって獲得し高い攻撃性能を、「ドルマ系呪文の極意」によって研ぎ澄まし、それを「幻惑ガード」で支えるという、攻防共に優れたスキル構成になっているのです。

また、装備しているだけで攻撃魔力を10上昇させてくれる点も評価点です。これによって、高い攻撃性能がより高くなり、優れた魔法剣士用の防具となっています。




魔剣士の装束上(錬金)のデメリット




追加された「幻惑ガード」が、鎧上の耐性性能としてはいまいちな点。鎧上の星5装備を見渡した場合、「幻惑ガード」は優秀な性能とは言い切れません。

幻惑耐性は他の部位、もしくはアクセサリで補うことが多く、わざわざ鎧上でつける必要があまりないのです。その上、ダメージを減らす耐性ではないので、実質的な防御性能は低め。

とはいえ、素の防御力は上昇してますし、使い道がそれほど多くはないとはいえ幻惑耐性も耐性の内。更に、攻撃性能はお墨付きであるため、かなり強力な防具であることは間違いありません。

総じて、他の防具と敵の使用する属性によっては、非常に高い性能を誇る防具といっていいでしょう。






魔剣士の装束上(錬金)のスペック



守備力 Lv1 Lv25 Lv50
+31 +83 +132
装備タイプ よろい上
レア度 星5(☆☆☆☆☆)



hosi17041601.jpg


メインスキル
スキル あふれる魔力
最大レベル 10
効果 ターン開始時5%でCTが20%たまる
CT
ランク A
分類 防具スキル



hosi17041604.jpg


メインスキル
スキル 幻惑ガード・中
最大レベル 10
効果 幻想耐性+50%
CT
ランク B
分類 防具スキル



メインスキル
スキル ドルマ系じゅもんの極意
最大レベル 10
効果 ドルマ系じゅもんの威力10%アップ
CT
ランク A
分類 防具スキル




魔剣士の装束上(錬金)の原作での活躍




原作では、魔剣士の装束自体は登場していません。ただ、これを装備しているピサロ自体はとても人気が高く、その服もとても評価が高いものなので、もしかしたらそのうち原作に登場する可能性もあります。

この防具に関していえば、肩のアーマーが印象的です。間違えて首を捻ったときに痛そうですが、魔族の王を名乗るピサロからすればそれほど問題ではないのかもしれませんね。

9点(2)
Loading...Loading...

カテゴリ「スキル」の最新記事

カテゴリ「よろい上」の最新記事

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加