>

> 【星ドラ】ブラックロッドの性能評価!

【星ドラ】ブラックロッドの性能評価!

4 votes, average: 3.50 out of 54 votes, average: 3.50 out of 54 votes, average: 3.50 out of 54 votes, average: 3.50 out of 54 votes, average: 3.50 out of 5 14点(4)(14点)
このエントリーをはてなブックマークに追加






ダイの大冒険コラボ中編が登場し、ポップの後半の武器として登場したブラックロッドがガチャに登場しました。原作では非常に効果的に使用され、その強力さから読者にも印象を残していましたが、その性能はどうなっているのでしょうか。

メリット・デメリットにわけて分析していきたいと思います。






ブラックロッドの性能評価



ブラックロッドのメリット




唯一無二のメインスキルを持っている点。メインスキルである「メドローア」はメラ属性とヒャド属性とメラ属性同時攻撃で、敵の耐性を自動で判断して、より威力の高くなるほうで攻撃してくれるという優れものです。火力も非常に高く、魔法の中ではトップレベルの火力となっています。

サブスロットが優秀な点も大きなメリットです。攻撃呪文A 2つに補助特技A1つ、そして補助呪文Bという、かなり優秀なスロットとなっています。無強化状態でも攻撃呪文2つに補助特技1つと攻撃偏重のスロット構成で、メインスキルのメドローアも含め、かなり高い攻撃力をたたき出すことが出来るでしょう。

通常攻撃が攻撃魔力依存になっている点もメリットです。星ドラにおいての通常攻撃はそれほど重視されないものなのですが、物理攻撃が苦手な職業であっても高い攻撃力をたたき出すことができます。通常攻撃の威力は微々たるものとはいえ、通常の杖と比較すれば、総計ダメージは雲泥の差となるはずです。

そういった意味で、これも1つのメリットと捉えることができるでしょう。



ブラックロッドのデメリット




メドローアのチャージタイムが非常に長い点。最速でも32秒と、通常武器のチャージタイムと比べるとかなり長くなっています。

そのため、これのみを連発しようとすると、どうしてもその遅さがネックとなり、撃てないターンがでてきてしまうのです。サブスロットによりこのデメリットは低減することが可能ですが、それを差し引いても32秒のチャージタイムは遅く、大きなデメリットとしてのしかかってしまうでしょう。

サブスロットが最後まで強化してもオールAにならない点も他の武器と比較するとデメリットといえるでしょう。というのも、武器によってはサブスロットがオールAのものも珍しくなく、それらと比較すると、どうしても一段落ちると判断できるからです。





ブラックロッドのスペック



守備力 Lv1 Lv25 Lv50
+30 +60 +92
装備タイプ
レア度 星5(☆☆☆☆☆)


hosi17021901.jpg


メインスキル
スキル メドローア
最大レベル 10
効果 メラ ヒャド属性の極大呪文
メラ ヒャド属性のうち攻撃対象の敵により大きなダメージを与えられる属性で攻撃する
対象:敵1体
CT 35秒(32秒)
ランク A
分類 攻撃呪文


hosi17021902.jpg



サブスキル
スキル マヒャド
最大レベル 10
効果 ヒャド属性の上級攻撃呪文
対象:敵全体
CT 32秒(22秒)
ランク A
分類 攻撃呪文




ブラックロッドの原作での活躍




ダイの大冒険において、魔界の工匠ロン・ベルグが作成した杖として登場しました。自らの成長に伸び悩むポップに与えられた武器です。所有者の魔力を物理攻撃力に変換する特性を持っており、更にサイズや形を自在に変えられる便利な武器として活躍しました。

最後は大魔王バーンの必殺技「カラミティエンド」に叩き折られてしまいましたが、最後までポップの相棒として活躍した姿は印象的です。

14点(4)
Loading...Loading...

カテゴリ「スキル」の最新記事

カテゴリ「杖」の最新記事

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加