>

> 【星ドラ】闘神の剣の性能評価!

【星ドラ】闘神の剣の性能評価!(18:00 更新)

3 votes, average: 4.00 out of 53 votes, average: 4.00 out of 53 votes, average: 4.00 out of 53 votes, average: 4.00 out of 53 votes, average: 4.00 out of 5 12点(3)(12点)
このエントリーをはてなブックマークに追加






優秀な性能を誇る「闘神」シリーズ。しかし、最もファンが多いであろう「剣」についてはしばらくの間未登場でした。しかしながら、2017年2月に遅れて剣が登場したのです。その性能は果たしてどのようなものになっているのでしょうか。メリット・デメリットに分けて分析していきたいと思います。







闘神のつるぎの性能評価



闘神のつるぎのメリット




全てのスキルが攻撃に特化している点。闘神の剣が持つスキル・能力、全ては攻撃に剥いています。例えば、メインスキルはジバリア属性の5倍攻撃で、更にチャージタイムも最もはやくすれば14秒と、非常に攻撃的です。

特に目を引くのがチャージタイムの速さで、15秒でもそれなりに優秀だといわれる中でそれを上回る速度を見せてくれます。星ドラにおいての「速さ」はそのまま火力に結びつく要素となるのです。

このメインスキルを連打するだけでも、かなりの効率で敵の体力を減らすことが出来るでしょう。更に、通常攻撃が二回攻撃になるという特殊能力をも備えています。ボス戦で体力を削るときは、主にスキルを使用するため、それほど大きなメリットにはなりませんが、やはりこれも攻撃を意識した強力な追加能力といえるでしょう。

以上に加えて、サブスロットが優秀な点もメリットとなります。初期状態でもAが2つ、Bが1つ、そして最後まで強化すれば、サブスロットはAが3つ、Bが1つという非常に魅力あるサブスロットとなります。サブスロットの内容も当然のごとく攻撃に向いています。最終強化状態であれば攻撃特技(A)が2つ、攻撃特技(B)と補助特技(A)が1つずつというものになっています。

しかし、完全に敵へ攻撃する手段一辺倒ではなく、「補助特技A」の存在によって自己を回復するなど、それなりに広く活躍することが可能になっているのです。



闘神のつるぎのデメリット




メインスキルの属性を軽減してしまう敵が多いこと。ジバリア属性は効果的な敵がそれほど多くなく、軽減されてしまうことも多い、強力とは言い難い属性です。もちろん、これは登場当初の話なので、時間を重ねればジバリア属性が見直される可能性もあります。

活躍の広さが、他の☆5武器と比べると狭くなってしまっている点もデメリットです。呪文を使用できず、他者への回復・バフ等々、細かいところの活躍が出来ません。そういった存在が必須の敵も多くなっており、味方の回復・バフが出来ないこの武器は、汎用性に欠けていると言わざるを得ないのです。

とはいっても、2つのデメリットはあくまでも相対的なものなので、単体で見た場合はかなり優秀な武器です。





闘神のつるぎのスペック



守備力 Lv1 Lv25 Lv50
+79 +122 +167
装備タイプ
レア度 星5(☆☆☆☆☆)


hosi17020501.jpg


メインスキル
スキル 闘神の一太刀
最大レベル 10
効果 威力360%(520%)のジバリア属性攻撃
対象1体
CT 30秒(14秒)
ランク A
分類 攻撃特技


hosi17020502.jpg


闘神のつるぎの原作での活躍




原作においては「闘神」シリーズは登場していません。ただ、星ドラでの人気ぶりやそのカラーリングのかっこよさから、将来いつか本編に登場することもあるかもしれませんね。

12点(3)
Loading...Loading...

カテゴリ「スキル」の最新記事

カテゴリ「剣」の最新記事

コメントする

TOPへ戻る
このエントリーをはてなブックマークに追加